山に行けないので職場で懸垂下降練習(笑)

あの豪雨以来、ずっと晴れなのに仕事で山に行けない。まぁ、暑くて山どころではないけど・・。この夏に計画している岩稜歩き。そのために4月に懸垂下降の講習会に参加して技術も習得した。でも時間が経つにつれて記憶が薄れていく。これでは本番で使えない。どこかに良い練習場所はないかと物色していたら、「灯台もと暗し」というか、働いている工場に格好の練習場所を見つけた

工場のメンテナンス用階段だ。まっすぐ降りて、登り返しの練習もできる理想的な練習場所。でも勝手に練習するとさすがにまずいかなということで、「高所作業訓練」という名目を引っ張り出し、渋るエンジニアリング部長をシニオリティ(年功序列)の悪用で、強引に許可を取り付けた(笑)。いや、エンジの部長にすれば、まことにはた迷惑な年寄りだろう。まぁ、そんなことは気にせず早速仕事を早めに切り上げて練習する

我ながら、いい歳こいてようやるわ

この外付けのメンテ用階段、理想的でしょ?良い着眼だったと自画自賛

階段を上がった一番上の階から練習(屋根の上ではない)

上から見ると結構な高度感。10メートル強くらいかな。本番の懸垂下降を考えればもうちょっと高い方がいいんだけどな・・

下降システムを構築しているところ。ちゃんとセルフビレイで足を踏み外しても落っこちないように確保してますよ

それでは始めましょう。仕事を抜けだして写真を撮ってくれたSammyさん、ありがとう!まぁ、これもシニオリティの悪用なんだけど・・

容量を小さくするため最小限にカットしたので悪しからず。というか、本当は四苦八苦しているところを省いて、スルスルと降りてきたところだけを編集してアップした

実はここでの練習は2回目。4日前の1回目も動画をSammyさんに撮ってもらったのだが、会社のiPhoneで撮影した動画は会社のITポリシーでどこにも送れない(システムでブロックされている)ことに気づき、本日2回目の練習を私個人のiPhoneを使ってもう一度取り直してもらった

1回目の時は、懸垂下降は今日よりもスルスルと降りて来たのだが、登り返しがどうしてもできず、この週末に再度ネットのビデオを見て間違いを探した。その甲斐あって、本日は一応登り返しも何とかできた。本番では登り返さなければならないシチュエーションが出てこないことを願って、練習はこれにて終了。そうそう、登り返しについては、一般的な方法ではなく、ちょっとした工夫を思いついたので、今度試してうまく行ったら動画をアップします。乞うご期待!

さて、暑さがおさまり天候が安定したら、いざ本番に挑もう。満を持してとは言えないけど、それなりに準備したつもりだ

「天助自助者」:天は自ら助くる者を助く

信じてますよ、天に在わす神さま。本番の懸垂下降で事故が起きないことを!


野風に吹かれて

はじめまして、野風です。どうぞヨロシク! 還暦退職を機にブログを始めました。数年前から復帰した山の記録がメインです。これまでヤマレコにアップしてきましたが、山以外にも広げて発信していきたいと思っています

0コメント

  • 1000 / 1000