朝のウォーキング再開 17/07/06

引退してサンデー毎日の身分となって2週間、まだGWやリフレッシュ休暇のような長期休み的な感覚でいる。平日の好きな時に天候の良い山へのんびり出かけられるとワクワクしていたが、梅雨空続きで出かける気分にもならず、不本意ながら毎日家で過ごしている。

ついつい働いていた時の週末のような過ごし方をしてしまい、時節柄暑いので昼間からビールを飲んで読書しては昼寝する有り様だ。かと言って、週末のように2時間半くらいかけて約15キロをウォーキングするわけでもない。

これではいけないと、雨が降らなければ毎日ウォーキングすることにした。週末は多少涼しくなった夕刻に歩いていたが、毎日のペース作りをするために、朝早く歩くことにした。歩くコースで選んだのは、普段歩いているTDR周辺ではなく、葛西臨海公園だ。

このコースは東日本大震災の時に、液状化によって普段のウォーキングルートが通れなくなり、2年間ほど被害のなかった葛西臨海公園に変更したコースだ。この時は夕方ではなく、早朝に歩いていた。

今回このルートを選択した理由は、これまでの週末ルートだと、鉄鋼団地などを抜けていくため、早出の人たちが仕事を始める中を抜けていくことになり、どうも跋が悪いのと、時間的に会社勤務していた時の起床時間と同じくらいに起きて出かけられることから選んだ。

以下は皆さんにはどうでもよい私のウォーキングルート紹介。



まずは舞浜大橋で旧江戸川を渡って東京都に潜入。湾岸道路、東関道が並行して走る首都圏の大動脈の一つ。交通量も多く排気ガスも気になる。風の向きをチェックして川上側あるいは川下側の歩道を通る

橋を渡るとすぐに葛西臨海公園。まずは木々の多い鳥類園のエリアから周遊開始

川の対岸にはTDRのホテルやシンデレラ城の頭が見える。蛇足ながら一番川下にかかっている橋が海と川の境界らしいので、ここはすでに海ということになる

鳥類園から水族園のエリアに

葛西臨海水族園。原因不明でマグロが全滅したことが昨年ニュースになっていた

水族園を通過すると、船着き場。水上バス(東京水辺ライン)の駅

広い芝生の奥にあるガラス張りの建物は展望台

鳥類園以外は、舗装道路の上を歩く。左手に東京湾。風が心地よい

水辺を離れて公園内を進み周回する

バーベキュ広場の横を抜け、大観覧車の横を通過

鳥類園のエリアに戻ってきた。2週目は写真を撮らずに軽くジョギング。数年前は2週ともジョグしていたんだが・・

カニがよく歩いている。近づいてアップで撮ろうとすると逃げてしまう。これが精一杯

舞浜大橋を渡って千葉県に戻ってきた。釣り船が海に出ていく。左手にあるスカイツリーを入れ損なった。約2時間の気持ちの良いウォーキングだ。毎日続けよう


野風に吹かれて

はじめまして、野風です。どうぞヨロシク! 還暦退職を機にブログを始めました。数年前から復帰した山の記録がメインです。これまでヤマレコにアップしてきましたが、山以外にも広げて発信していきたいと思っています

0コメント

  • 1000 / 1000