アマギシャクナゲを求めて天城山 17/5/29

2017年5月29日(月)日帰り

固有種のアマギシャクナゲが見ごろというので、混雑する土日を外して出かけた。とても気持ちの良い気候で、小鳥のさえずりを聞きながらシャクナゲ、ミツバツツジ、ヤマツツジなどを楽しむことができた


天城山主峰の万三郎岳の山頂付近からミツバツツジ越しに富士山を眺める。ツツジも富士も空も美しい

登山口からしばらく歩くと立派なヒメシャラの木が現れた。触れるとヒンヤリとして気持ちいい

多くはないが、ヤマツツジも咲いている

ミツバツツジもシャクナゲに負けじとあちらこちらで咲いていた

そしてお目当てのシャクナゲ。ピークだった。濃い目のピンクから白い花までいろんなグラディエーションを楽しんだ

自宅から約2時間半。ホンダのインターナビが迂回路に誘導したことを差し引いても結構かかる。2時間半といえば、自宅から八ヶ岳、谷川、奥日光などと同じアクセス時間だ。これだとやはりそちらに出かけてしまうが、アマシャク見たさにこちらに来た

もともと土日にテン泊山行し、月曜に休暇を予定していた。手頃で人気の百名山しかも固有種のシャクナゲ(普通のシャクナゲとの違いは?)の最盛期ゆえに混雑が予想されるので、土日を外して月曜に行くことにした。天気予報も悪くない。出かけてみると平日でもそこそこ人が来ている。年配のグループや夫婦が多い。カミさんも一緒に来てその一組に入る予定だったが、膝の調子が心配だというので私一人で行った

この日は湿度も低く、尾根に吹き上げてくる風も気持ちが良かった。アマシャクは散り始めている木もあったが、ほぼ満開状態。あと1-2週間はみられるかも(6月6日時点でかなり散ってしまったようです)。富士山もきれいに見えて本当にラッキーだった。たくさんの小鳥のさえずり、ピンク系のいろんなグラディエーションの花、富士の雄姿など、気持ちの良い初夏の山を楽しんだ

荷物も25Lザックで軽く、時間も4時間程度の体に優しい軽い登山。こういう登山もいいな

野風に吹かれて

はじめまして、野風です。どうぞヨロシク! 還暦退職を機にブログを始めました。数年前から復帰した山の記録がメインです。これまでヤマレコにアップしてきましたが、山以外にも広げて発信していきたいと思っています

0コメント

  • 1000 / 1000