野風

記事一覧(75)

高校野球 甲子園大会に思う

甲子園で熱戦が繰り広げられている。今年は100回記念大会で最多数の高校が出場している。過去には数々の記憶に残るドラマもあった。良くも悪くもその後の選手の人生に大きな影響を与えるプレーもあった。伝統の重圧、地元の期待、大舞台での緊張など、プレッシャーは計り知れない。どの学校も、どの選手も力を存分に出して悔いのない試合をしてほしい。高校野球については、そのあり方についていろいろな意見があるものの、個人的には概ね好意的な立場だ。野球にしろ、サッカーにしろ、柔道にしろ、一生懸命練習に励み鍛錬を積んできた成果を発揮する場があって良いと思う。大会を運営する協会には、選手たちがのびのびとプレーできる環境づくりをお願いしたい。そんな中で、どうしても気になる点がある。入場行進である。学校ごとに一糸乱れず整然と行進する姿は、礼儀正しさを重んじる高校野球の精神を体現していて美しくもある。ただ手の振り方、足の上げ方がいささか不自然ではないかと思えてならない。腕を前に水平の高さまであげ、同じようにしっかりと腿も引き上げるあの独特の歩き方だ。見ていてどうにもギクシャクした感じがぬぐえない。大会運営側からの指導があるのだろうが、選手たちにはもう少し自然に手足を動かしてよいようにしてはどうかと思う。54年前、テレビでみた東京オリンピックの入場行進を鮮明に覚えている。赤いブレザーに白いパンツ/スカートが鮮やかで、選手全員がぴったりと動きをそろえた行進は、きれいで胸躍るものだった。日本選手団だけではない、多くの国の選手たちが同じように行進していた。だが、メキシコ、ミュンヘン、モントリオールと、回を重ねるごとにそのような行進は減っていった。日本は比較的遅くまでこの行進を続け、不参加のモスクワ大会を飛ばして、ロサンゼルス大会まで続いたと記憶する。さすがに違和感を覚えるようになった。時代の空気は変わっていたのだ。自由の国アメリカのしかもLAという開放的な都市での開催に、あの整然とした行進は逆に時代遅れで滑稽にさえ見えた。ほとんどの国の選手団が、のびのびと自由気ままに参加を謳歌する入場行進をしていた。そんな中で、日本選手団の相変わらずの隊列行進には、違和感どころか軍隊を連想して嫌悪感をもった自国民や他国民も少なくなかったのではないだろうか。当時の日本オリンピック協会の方針だったのだろうが、日本人の几帳面さ、古き良きスタイルを大事にする国民性を差し引いても、もはや時代の空気に合っていなかった。翻って高校野球、記念する100回大会を機に伝統的な行進を多少変えてもよかったのではないかと思う。オリンピックのように自由な入場行進を意味しているのではない。整然と足並みをそろえた入場行進で構わない。ただ、あの極端な腕の振りと足上げには違和感を覚えてしまう。いかがだろうか?甲子園では1回戦から番狂わせも起きている。選手諸君、力一杯そして思いっきり楽しんでプレーしてほしい。たとえ負けても、笑顔で胸を張って甲子園を後にしてほしい。

やばいよ、やばいよ、この雨(2019/07/06)

先週金曜の断続的な豪雨によりJR高山線が土砂崩れで不通になったが、今週も凄い雨が続いている。昨晩は高山市内を流れる宮川をはじめ、いくつかの河川が警戒水域を超え、避難勧告があちこちに出された。最終的には、約1万世帯、2万数千人に及ぶ地域に避難勧告が出されたようだ。宮川沿いに上流側の石浦地区あたりから避難勧告が出始め、中心の古い町並みのあたりにも広がり、夜の11時を回ったところで下流側の私の住むエリアにも避難勧告が出た。私が住んでいるアパートは、ローカルな小川が一級河川の宮川に流れ込む三角形状の地形にあり、アパートを決める際にも不動産屋に過去に川の氾濫がなかったことを確認して決めた場所なのだ。さっさと寝ていた私は、地元消防団が消防車で避難勧告を告げて回る音や、防災アナウンスの音で目が覚め、ネットやTVのDチャネルで状況の悪化を知った。万一に備えて、登山用のザック2つにテントからバーナー、コッフェル、アルファ米など、テン泊で山に出かけるのと同じような準備をして、車に積み込めるようにしておいた。ほとんど地元出身者と思しきアパートの住人は、一向に避難する様子もなく、近隣の住宅の地元民も動く気配がない。それでも勧告が避難指示に変わったら、9キロほど離れた高台にある会社に移動してオフィスで寝ようと思っていたが、ベッドで横になっている間に寝入ってしまい、いつも起きる5時過ぎに目が覚めた。雨は小康状態になっていたので、いつものごとくシャワーを浴び、朝食を済ませて会社に向かった。近寄るべきではないのに、増水状況を見にあえて川沿いの道を走ってしまう。多少水は引いていたのだろうが、それでも普段では思いもしないレベルまで宮川は増水していた。今日は金曜日。関東や関西の家族のもとへ帰る予定の単身赴任者は気が気でない。先週から運行が止まっている名古屋方面の高山線に加え、名古屋行きの高速バスも次々と運休になっていく。関東方面は富山回りで帰ることもできるが、こちらの高山線も昨夜のうちにすでに今日の午前中の運休が決まっており、午後の便も結局すべてキャンセル。富山行きの高速バスが午後4時前の1便だけ出発するとかしないとかという状況。名古屋方面に自宅がある人は、マイカーで帰ろうと画策するも、東海北陸自動車道は2-3か所で通行止めになり、下道の国道41号線も一部通行止めに。峠越えで松本方面に出る国道158号線も、木曽福島方面に向かう道なども通行止めや土砂崩れのリスクで断念。結局ほとんどの人が高山にとどまることに。要するに高山は「陸の孤島」状態になってしまったのだ。特に帰らなければならない用事もない私は、やきもきする同僚たちを横目に、早々に高山のアパートで週末を過ごすことを決めたが、午後3時ごろから土砂降りになり、夕方になっても続いている。車で帰宅しようにも躊躇するほどの雨だ。下の写真はオフィスから土砂降りの外を撮影。ガスっているというより土砂降りで視界が効かない。